WindowsとLinuxでのSecondLife内のフレームレートの差について。

こんにちは、最近はLinuxの使用率がかなり多い悠莉です。

なぜ同じSecondLifeのビュワーなのにWindowsだとフレームレートが落ちるんだろう?と不思議です。
同じ画質設定でも2倍以上差がついていることもある。。
設定を変えて比較してみました(場所によって違うのでこうならない場合も有ります)

環境

 WindowsLinux
CPUAMD Ryzen 7 1700@3.8GHz
メモリDDR4-2800 16GB
マザーボードASRock X370 Gaming K4
グラフィックボードAMD Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC
ディスクドライブWestern Digital WD Blue 500GBSandisk Ultra 3D SSD 250GB
OSWindows 11 Insider PreviewGentoo Linux
グラフィックドライバ不明Mesa 21.2.1
回線SoftBank 光

・画質設定

中画質

高画質

高-超高画質

超高画質

・フレームレート(Windowsの場合)

画質設定(中画質)

30 FPS

画質設定(高画質)

28.5 FPS

画質設定(高-超高画質)

29.5 FPS

画質設定(超高画質)

18.6 FPS

Linuxの場合

画質設定(中画質)

47.7 FPS

画質設定(高画質)

46 FPS

画質設定(高-超高画質)

49.3 FPS

画質設定(超高画質)

30.4 FPS

程度の差はあれどWindowよりLinuxのほうがフレームレートが高い結果に。
それにしても影描画のONとOFFのフレームレート差が大きい。もう少し改善してほしい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください